ご入場有り難う御座います、彼方は です
FC2ブログ
 台風が通過した後、大磯・照ヶ崎へ行ってみた。太陽が出ていても、強風と高波が残っていた。しかし、アオバトたちは、海水を飲みに丹沢山中から群れをなして、やって来ていた。

IMG_1448.jpg

 波が小さくなった隙を付いて、岩場へ降りるのだが、写真でよく見ると、波に呑まれてしまっている個体が少なくない。実際、この日の朝は4羽死亡し、カラスやカモメの餌になっていたという。命懸けで、海水を飲みに来るアオバトの力強さに感動した。

IMG_1345.jpg

IMG_1441.jpg

IMG_1374.jpg

IMG_1375.jpg

IMG_1468.jpg

 それにしても、この夏は悪天候のタイミングには企画がないか、影響を受けてないので、逆に息抜く時間がほとんどない。朝、バイクで焼く30分ほどの大磯でアオバトたちの姿を見て、エネルギーを頂いている。

スポンサーサイト



2019.08.26 / Top↑
 8月20~22日 北アルプスの中でも、大滝山は地味で訪れる人も少ない。だからこそ、というメンバーが主体で、徳本峠から大滝山・大滝山荘を経て、蝶ヶ岳から三股へのコースを歩いた。

IMG_2945.jpg

IMG_2943.jpg

 天気は3日間、時々lくもる以外は雨ばかりで、森林限界上の稜線はダメだろうと思えるくらい、風が強かった。しかし、樹林帯がほとんどのコースだったから、風の影響は受けず、進み続けることができた。

IMG_2930.jpg

IMG_2937.jpg

IMG_2938.jpg

 案のじょう、徳本峠から蝶ケ岳直下まで、他の登山者には会わず、夏の北アルプス界隈とは思えない静けさだった。

2019.08.26 / Top↑
 7月23日から9月23日まで、恵比寿の東京都写真美術館において、嶋田忠カメラマンの「野生の瞬間」が開催されている。(チケットをくれたIさん、ありがとうございました!)

 幌尻岳から降りてから立ち寄った、嶋田カメラマンが経営している、千歳市の「ザ バードウオッチング カフェ」で、写真展があることを知った。迫力がある写真の数々の中に、白くて丸々としたシマエナガもいた。かわいい生き物の代表格のひとつと言われているシマエナガであるけど、初めて本物と向き合った際、親父臭さに腹を抱えて笑ってしまったことが、かわいいというより、ユーモラスな鳥として感じている。

IMG_1342.jpg

 カフェでコーヒーを出された時、シマエナガのコースターが添えられていたのだが、すでに売られていなかった。ところが、写真展の売店へ行ってみたら、コースターが売られていた。ラストひとつだったので、迷っていられなかった。帰宅して、シマエナガ・カップと共に飲む、コーヒーは格別だった。

IMG_1339.jpg

IMG_2579.jpg


2019.08.26 / Top↑
 8月18日 鼻曲山というと、個人的には「霧積温泉ー人間の証明」の印象が強いが、お盆の時期はレンゲショウマが咲くことで、近年人気を集めている。山頂へ行く途中にレンゲショウマが咲いているのと、山頂まで往復約4時間で行ける、二度上峠から出発した。

IMG_2901.jpg

 レンゲショウマは、山頂への最後の急坂に咲いており、苦しい登りの最中、顔を上げると、目の前に吊るされたような薄紫の花が目に入る。人の手で管理されているわけではないから、レンゲショウマは点在気味な感じもするが、野生っぽくていい。

IMG_2911.jpg

IMG_2905.jpg

IMG_2925.jpg

IMG_2922.jpg

 雨に降られると、登山道を覆う笹でズボンが濡れてしまうかも知れないと思ったが、雨に降られなかった。また、東よりの風が吹き続けていたせいか、虫が少なく、歩きやすかった。

IMG_2927.jpg


2019.08.19 / Top↑
 8月8~11日 8月上旬の白馬・朝日岳のコースは、距離が長いけど、高山植物が多く、花が好きな人にはこたえられないであろう。今年は、梅雨明けが遅かった影響なのか、高山植物がたくさん咲いていた印象で、水芭蕉からトリカブトまでという、密度の濃さだった。場所や高度が変わると、次々と新しい花が姿を現し、飽きることがない縦走だった。

IMG_2863.jpg

IMG_2873.jpg

 初日は雷雨の心配はあったものの、全体的に天気に恵まれ、稜線上でも気温が15度前後あり、暑いくらいだった。2日目は昼前に小屋に着き、半日のんびりできたことは良かった。

IMG_2871.jpg

IMG_2790.jpg

IMG_2885.jpg

IMG_2817.jpg

 8日  栂池高原~乗鞍岳~白馬大池(泊)
 9日  ~白馬岳~白馬山荘(泊)
 10日 ~雪倉岳~朝日岳~朝日小屋(泊)
 11日 ~イブリ山~北又小屋~泊駅

IMG_2819.jpg

IMG_2830.jpg

IMG_2858.jpg


2019.08.19 / Top↑