ご入場有り難う御座います、彼方は です
2月4・5日 5日は天気が下り坂ということだったけど、午前中なら問題なさそうだった。好天気だった前日のうちにアタックしたり、日曜日の朝早くから登ってしまっていた、パーティが目立っていた。天気が悪いとなると、小屋のキャンセルが続出するというくらい、空に機嫌に合わせるかのように、人が移動する。

IMG_3307.jpg

7時に出発する頃は、レンズ雲が出ていて、上空の風の強さがうかがえた。稜線は、6~7メートルほどだった。前日によく眺められた北アルプスは雲の中で、西からの雲が迫ってくると、雪が降る出しそうな流れだった。案のじょう、隣の硫黄岳が見えなくなった8時半頃から雪が降り出してきて、西天狗に登った9時頃には、東天狗すら見えなくなっていた。1時間後には、風速も10メートル以上になり、吹雪の様相となった。山の表情の移り変わりを見ていて、面白かった。

IMG_3308.jpg

IMG_3317.jpg

IMG_3323.jpg

IMG_3327.jpg

表情の違いといったら、黒百合ヒュッテから下の沢沿いのコースでは、1年前の今頃、日本海低気圧が通過して八ヶ岳が雨となり、翌日融雪洪水を起こしていた。2月の八ヶ岳で登山道が洪水というもの珍しいことに思うが、同じ場所を歩いていて、面白かった。

IMG_3332.jpg

IMG_3333.jpg

IMG_9729.jpg

IMG_3334.jpg

IMG_9731.jpg

スポンサーサイト
2017.02.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiro9000.blog58.fc2.com/tb.php/678-5bae9f20