ご入場有り難う御座います、彼方は です
 3月26日 気象予報士だからといって、いつも天気情報を見ているわけではない。見られないことや、見損ねてしまうことも少なくない。気象情報をどう行動にフィードバックするのか考えてはいても、外に出てしまうと、読み切れていないこともある。

IMG_3785.jpg

 26日は、当初箱根は雨かなと思っていたら、前日夜遅くに自宅でPCを開いてみたら、雪になりそうだということに気が付いた。出先でスマホが動かなくなり、復旧作業に時間を要していたことも痛かった。頭を抱えたけど、参加する人たちにとって、経験としての範囲なら、少しは意味があるかもしれない。天気が悪いことがわかっていても、決行することがある。悩みどころではあるけど、いい条件ばかりの中を歩いていても、決して実力が上がらないからである。悪天候の中を歩く経験も、必要だからである。残念ながら、計画した時が全て晴れることはないし、天気が悪いから全て中止にしてしまうと、行けるチャンスがなくなってしまう。

 案のじょう、標高約500mから上では雪となり、積雪が増してきた。皆さんの歩きが少しでもバランスが崩れて来たら、いつでも引き返すつもりであったけど、雪の中、しっかりとした足取りで登り続けていた。外輪山の稜線に出ても、誰も来ていないのか、トレースはなかった。雪が降り続き、積雪約20cmの中、全員明神ヶ岳の山頂に立つことができた。危険個所が少ない、東側の傾斜が緩い方から登ったから、雪があっても登りやすかった。出発前の自分の判断ミスを、皆さんがフォローしてくれたような感じだった。

IMG_3793.jpg

IMG_3796.jpg

IMG_3800.jpg

IMG_3803.jpg


スポンサーサイト
2017.03.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiro9000.blog58.fc2.com/tb.php/689-6864b02d