ご入場有り難う御座います、彼方は です
 4月4日 毎年4月上旬に、甲府盆地へ行くことが楽しみである。桜や桃をはじめとした花々で彩られた風景が、好きだからである。雪山ばかり行っていると、気持ちが乾いてきてしまい、生命感あふれる春の世界に身を置くと癒される。

IMG_3888.jpg

IMG_3885.jpg

IMG_3879.jpg

IMG_3895.jpg

 この春は、3月下旬の南岸低気圧の連発で、気温が低く、例年だと満開になっているはずの勝沼ぶどう郷駅の甚六桜が、ようやく開花した程度であった。恩若峰は塩山方面から登る方が近いが、勝沼ぶどう郷駅にしたかったのは、甚六桜が楽しみだからである。弾けんばかりに膨らんでいるつぼみを見ると、咲いてなくても満足してしまった。抜群の天気で、残雪を頂く南アルプスや奥秩父の山々が、1日中姿を見せていた。駅から歩いて、南西尾根の末端にある青苔寺から取り付いた。全体的に緩い登りで、取り付きから約3時間で頂上に着いた。恩若峰の頂上には雪はなかったけど、周囲の標高約1200m以上の山々は、白さが目立っていた。

IMG_3905.jpg

IMG_3906.jpg

IMG_3908.jpg

IMG_3910.jpg

 恩若峰頂上から北峰を経て、北尾根を下る。境界の標識に沿うように尾根を進み、途中の急で滑りやすい箇所を下り切ると、鹿柵がある。754m峰を北東に進み、林道が見えてくると、尾根の末端は近い。北尾根を下ると、もうひとつの目的地である、慈雲寺が近くなる。慈雲寺のイトサクラも、咲き始めだった。甚六桜もイトサクラも、後1週間もすれば見頃になるだろう。花にはわずかに早かったけど、穏やかな春の日差しの下、のびのびした気分が味わえた。

IMG_3916.jpg

IMG_3921.jpg

スポンサーサイト
2017.04.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiro9000.blog58.fc2.com/tb.php/691-108a8fa6