ご入場有り難う御座います、彼方は です
 5月3~5日 昨年は雪不足のため断念した景鶴山は、今年は豊富な雪があり、楽勝だった。GWの後半3日間の天気にも恵まれて、キツかった大雪山系の気候の後だったせいか、目の色を変える必要がない天気の流れが気楽で、逆に気を引き締めなければ、と肝に命じていた。

IMG_4034.jpg

 竜宮小屋に連泊して、雪原の尾瀬ヶ原を横断して東電尾瀬橋からヨッピ川を渡り、笹山の鞍部経由で、与作岳・景鶴山への稜線をたどるコースと取った。稜線は長いけど、雪崩のリスクが少ないコースである。雪質は最高で、埋もれることもなく、アイゼンを使うほど硬くもなく、ツボ足で順調に稼ぐことが出来た。ようやく、アイゼンとピッケルを使用したのは、頂上直下の急な斜面に差し掛かってからだった。7時に小屋を出発して、11時半に頂上に着いた。展望は、最高だった。

IMG_4113.jpg

IMG_4003.jpg

IMG_4059.jpg

IMG_4068.jpg

IMG_4065.jpg

 帰路は、ほぼ同じコースをたどり、頂上から約2時間半で、小屋へ戻ることができた。連泊だから、気分的にゆとりがあったことが、山旅の楽しさを引き立ててくれた。

スポンサーサイト
2017.05.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiro9000.blog58.fc2.com/tb.php/700-e7bb06cc