ご入場有り難う御座います、彼方は です
 6月24~26日 社会人になると、北海道が遠かった。短い休みを利用して、遠くへ走ろうとしても、津軽海峡を越えられなかった。海峡の向こうにある北海道を見て、ため息をついて背を向けて本州を南下していた。ところが、今では北海道へは年に何度も足を伸ばしているにも関わらず、津軽を含めた青森県が遠くなってしまった。飛行機代が安くなったことが大きく、ツーリングでなくても、山や釣りなどで、北海道を短時間で楽しめるようになり、無理して海外へ行かなくてもいいくらいにまでなってしまった。

IMG_4414.jpg

 逆に、30年も御無沙汰していたから、津軽が新鮮だった。レンタカーを利用して、車中泊だったから、特に予定に縛られるわけでもなく、気ままに動くことができた。次の川へ移動しようとした時、道路沿いの五能線の普通列車がやってきたので、そのまま追いかけ、平行に走ったり、追い越してみたりして、釣りが飛んでしまった。岩木山や八甲田山を登った際は、通りがかりに見つけた根曲がり竹を採りながら歩いたので、時間が掛かってしまった。山や釣りの後、急に竜飛岬へ行ってみたくなり、風光明媚な海岸線の道路を北上した。

IMG_4431.jpg

IMG_4422.jpg

 気ままに動いている時の感覚から、もっと遠くへ、どこまでも走ってみたくなり、水平線の向こうの世界へ想いをはせるようになった、30年前だった。津軽海峡が越せなくても、日本を出て大陸を走りたい、という夢を胸にしていた頃を思い出していた。回顧趣味にはあまりハマりたくないけど、今の自分には手が届かないような夢を追いかけようとする姿勢は、忘れたくないものである。いいリフレッシュとなり、津軽を後にした。

スポンサーサイト
2017.07.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiro9000.blog58.fc2.com/tb.php/720-258cdda6