ご入場有り難う御座います、彼方は です
FC2ブログ
 5月31日~6月1日 知床から大移動して、日本海に浮かぶ天売島へ。20歳の時に初めて来て以来、北海道は何度訪れたかわからないけど、天売島へ行くのは初めてだった。

IMG_1102.jpg

 あいにく、天気は下り坂で、強風の予想だった。海上からも海鳥たちを観察したいと思っていたけど、厳しかった。羽幌から約1時間半で島に着いた。まず、レンタルスクーターを使って、島を巡った。ちょうどウミネコの繁殖期で、ヒナたちの姿がたくさん見られた。道路まであふれんばかりのウミネコの数で、一斉に飛び立つと、ヒッチコックの映画の様相だった。

IMG_0924.jpg

IMG_0919.jpg

 海鳥観察舎では、断崖に巣を作るウミウのコロニーが見られたけど、よく見ると、ケイマフリも巣を作っていた。時々、飛んで来ては岩穴?に入っていく。無料の望遠鏡が備え付けられていて、便利だった。(翌朝、歩いてやって来て、じっくりとケイマフリを観察することができた。)

IMG_0947.jpg

IMG_0954.jpg

IMG_0969.jpg

IMG_1022.jpg

 夕方、天売島名物というべき、ウトウの群れがの帰巣するツアーに参加した。すでに雨が降り始めていて、天気が悪いせいかウトウの帰巣がいつもより早いといい、赤崎に着いてみると、多くのウトウたちが弾丸のように飛んで来てはイタドリの茂みの中へ突っ込んでいた。ウトウがくわえた小魚を、ウミネコたちが横取りしようと待ち構えていて、辺り一面大騒ぎと化していて、生臭さが漂っていた。地面に無数に掘られた巣穴には、昼間は親の帰りをじっとヒナが待っているのだろう。帰る頃には、道路にウトウがあふれ、徐行しないと轢きかねないレベルの数だった。翌朝は、3時には飛び立ってしまうという。(実際、4時半に行ってみたら、一羽も見当たらず、もぬけの空だった。)

IMG_0935.jpg

IMG_1132.jpg

悪天候で思うようにならないとはいえ、わざわざやって来た甲斐があった。

IMG_0976.jpg


スポンサーサイト



2019.06.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiro9000.blog58.fc2.com/tb.php/957-0182a3a7